08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

4つ割れのお尻・・ 

レギンス尻に関わらず、ジーンズでもスーツ姿でもお尻が浮かび上がるというか、下着が浮き出ているお尻には感動を貰っている。
もう少し、お尻についてお付き合い願いたい。

前回まで書いてきたのは、レギンスの下の美しいお尻。妄想の邪魔となるパンティの存在はない方が良いというニュアンスで書いてきた。ただ、下着を付けない筈は無いだろうから、付けるならTバック。そんな事を書いてきた。

加えて重要なのは、レギンスは他のパンツと違って、腿の付け根や脚とお尻の境界までフィットしているので、下半身全部が女性の体にフィットしている興奮感もある。女性のスーツパンツ姿でもお尻はフィットしてるけど、脚の付け根はフィットしている訳ではないので、お尻は楽しめてもヌード感は味わえない。
ただ、注意しないといけないのは、レギンス女子がヌードになった時の事。時々、若干ではあるんだけど、残念に思う事がある。

レギンス尻のヌード感と本物のヌード尻を比べると、勿論、本物に勝る事はない。ただ、じっくり見ると分かるけどレギンス姿の方がカッコよかったなんて事もある。20代前半の若い女性や鍛えている女性では、レギンス姿から妄想されるままの素肌のお尻が見れるんだけど、ボリューム感のあるレギンス尻の中には『あれっ⁉︎』と言うことがある。これは、レギンスは矯正パンツではないけど、少し美しくみせる効果があるって事。熟女のレギンス尻には少し割り引く必要があるなんて事もある。まあ、それ以上に重力の大きくかかるお尻には魅力的なんですけどね。

もうひとつ、楽しめるのがパンティの選択の妙。その中、残念と評されるのが『4つ割れのお尻』。普通は、ふたつに割れた桃のようなお尻の筈。

何で4っつに割れるか?
下着の選択が原因だと言う事。

パンティの下のラインが、お尻を上下に切ったように食い込む。身体的な縦割りに横線が食い込み、レギンス尻は4っつに割れる。この姿、ファッション的には残念と評価されるんですが、エロ目線で言うと中々の御馳走。エロい目で女性を追う男にとって、女性の肌、特に性的に女性を連想させる肌が締め付けられている様子は官能美に映ってしまう。

美しいお尻が陵辱されてる感。単なる本人の不注意な下着選択によるミスなんだけど男の目は見逃さない。ヨガに注目してきたが、ランニングマシンでも時々見かける。スポーツクラブって体も鍛えられるし、楽しみながら目の保養にもなる。若さを保つには、絶好の場所って事。

お尻に食い込む線が、お尻をより強調。カッコいいお尻、美しさを表現すると言うより、加虐感を感じさせてくれる。柔肌を締め付ける縄を連想する、傾倒した美しさへの連想。こんな想いの男の性を、この線が目覚めさせる。4つ割れのお尻には、こんな魔力がある気がする。

加えて、熟れたお尻、ボリューム感溢れる熟女のお尻は、内に潜む性的な経験まで滲み出るようで、見惚れてしまう。
2つ割れの桃尻も美しいけど、4つ割れのデカ尻には、それ以上の魅力を感じてしまう。男ってスケベな生き物です。

今日は、この辺で。
それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: ヒップ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: お尻  4つ割れのお尻  レギンス  ヌード 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 『パンチラ派』と『透けパン派』  |  レギンスの美尻⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ