08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

主役は『舌』‼︎ 

ちょっと、お尻の話を入れて休憩しましたが、クンニ話題に戻ります。

それでは、
クンニを含む口での愛撫について。

一言で『口』と言っても、意外に使える場所は沢山ある。
そして、どこを使うかによって刺激も大きく変わる。
勿論、主役を演じるのは、『舌』。
そして、脇を固めるのが、補佐役の『唇』と曲者の『歯』という事になるでしょう。
業師は、『鼻』なんてのも使うかも知れません。

この主役の『舌』に関しては、それだけでクンニが成立するだけのポテンシャルを持っている。
というか、初心者を含め多くの男性は、クンニと言えば、『舌』だと思ってるし、クンニと言えば、舐める事だと思っている。
更に、『舌』というパーツは、色々な部分を使って愛撫する事ができる。
基本的に最も動かしやすい方向は上下。だから舌の上面が最も活躍する部分になる。
ただ下面を使う事もできる。クリトリスを刺激する場合で考えるなら、女性器にどう向き合うかによって、舌の上面を使って舐める事が出来る部分が変わってくる。そんな時に下面を使う事によって更に深い快感を与える事もできる。

次に舌の先端と舌上面の中央部について。ここでは、先端での微かな刺激や、突くような刺激、或いは、舌全体でのべったり舐める刺激。面であったり、点であったり様々な刺激で、女性に深い快感を与える事ができる。そして、最後に舌の左右を使い、左右に動かしての刺激。これは、女性器のワレメに沿って舌を挿入しての愛撫で威力を発揮する。

これだけでも、きっと女性をオーガズムへ導く事ができる。
これこそが、『舌』が主役だという根拠。
上にも書いたが、『舌』って、ある程度、尖らせる事ができるが、元々平べったい形をしている。だから、女性器にどういう位置関係で当てるかによって、自ずと刺激が変わってくる。
つまり、どう当てるか? これが非常に重要なテクニックになるという事。

セックスの体位とまでは、言わないまでも、その形は知っておくべきだと思う。
勿論、セックスの体位、48手の中には、クンニの体位も含まれている。ただ、それは、口と女性器の関係と言うよりも、身体の絡み合った形に名前を付けているので、少し意味は違うかも知れない。
まあ、この点もいずれ触れようとは思う。

『舌』と女性器の位置関係、
詳しくは、次回という事で・・・

それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: オーラルセックス

テーマ: 大人の恋愛 - ジャンル: 恋愛

タグ:   クリトリス  女性器  クンニ  オーガズム 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 正対クンニ・・・  |  『パンチラ派』と『透けパン派』 »

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ